「聞く」と「聴く」

こんにちは。

ASIA Linkの相馬です。

毎日暑い日が続いていますが、体調は崩していませんか。

私の家族は2週間前から順番に体調を崩していました。

十分お気をつけくださいね。

さて、最近人から聞いたことで、コミュニケーションについての興味深い話を聞いたのでご紹介します。

タイトルの「聞く」と「聴く」ですが、どちらも「きく」と読みますね。

この2つの違いは何でしょうか。

「話を聞く」も「話を聴く」も、どちらも相手と自分がいて、きいているのは同じです。

大きな違いは、「聴く」は耳と心を使って人の話を聞く、という点です。

 

日常会話の中で、「話を聞く」というのは、例えば以下のような例です。

Aさん:昨日、おいしいアイスクリームを買って食べたよ。

Bさん:いいね!毎日暑いからね~

 

一方、「聴く」は、耳と心を使って人の話を聞く、という意味です。

以下のような例です。

Aさん:昨日、おいしいアイスクリームを買って食べたよ。

Bさん:そうなんだ(嬉しそうな顔をしているな)どこで買ったの?どんな味のアイスを食べたの?

 

違いが分かりますか?

「話を聞く」の2人のやり取りでは、Bさんは、自分の意見を言っていますね。

「話を聴く」の2人やり取りでは、Bさんは、Aさんが嬉しそうに話をするので、Aさんの行動について詳しく聞いています。

つまり、「聴く」は、相手と向き合い、話す内容を想像しながら話をきく、ということです。

簡単そうに見えますが、やってみると意外と難しいものです。

話を「聴く」人になるよう、日々トレーニング中です。