留学生の就職支援者が「雇用主の視点を持つ」ということ

こんにちは!ASIA Linkの小野です。

今日は、学生の就職支援という仕事を行う立場として、「雇用主の視点を持つ」ことの重要性について書きたいと思います。

私は10年前にASIA Linkを創業する以前は、日本語学校と専門学校で日本語教師をしていました。雇用される側、つまり従業員として、所属機関から毎月決まった給与をいただきながら、留学生に日本語の授業を行っていました。
担当クラスの留学生からは、時々卒業後の就職についても相談を受けました。その頃の私は、教育機関以外の民間企業で働いた経験がなく、社員の採用に関わる業務を経験したこともなく、留学生と一緒に「業界・職種研究」の本を読んだり、一緒にネットで企業情報を調べて、簡単なアドバイスをするというレベルの対応しかできませんでした。

当日の留学生には、本当に力不足で申し訳ないことをしたと今でも思っています。

この不甲斐ない想いも一つの原動力となり、ASIA Linkという留学生就職支援会社を創業したわけです。
創業後は、とにかく日々あちこちの企業を訪問し、企業の経営者や人事担当の方々と接する中で、留学生の就職支援を行うための様々な知識・スキルを身に着けていきました。

しかし、留学生の就職支援を行う中で、私が最も役に立ったと感じているのは、 続きを読む →

外国人社員の退職・転職理由と職場定着に向けた工夫とは?(ASIA Linkレポート)

こんにちは!ASIA Linkの小野です。

私たちが、外国人留学生・外国人社員を採用したいという企業の方々と打合せをする時、「外国人はすぐに退職してしまわないだろうか?」というご相談を受けたり、「長く働いてくれる人を紹介してください」と言われることがあります。

確かに、日本人の離職理由と、外国人のそれとを比較すると、外国人のほうが離職につながる理由・要素が多く、結果的に外国人のほうが「定着」を阻害するリスクが高いというのは現実としてあります。

しかし、「外国人」=「定着しない」という図式で考えるのではなく、まずはどのような場合に離職につながることが多いのか、そのケースを客観的な事実として知ることが必要です。
そこから、「定着に向けて何をすべきか」という方策・アクションが見えてきます。

今回のレポートでは、外国人社員が退職・転職するきっかけとなる7つの理由を、具体的な事例とともにお伝えします。
外国人社員の採用をこれから進めていきたい、という企業関係者の方々の参考になりましたら幸いです。

外国人社員の退職・転職理由と職場定着に向けた工夫とは?(ASIA Link2021.04)

なお、 続きを読む →

もうすぐ4月

こんにちは。ASIA Linkの相馬です。

暖かい日が続き、いよいよ春本番ですね。

皆さんお元気に過ごしていますか?

この春から入社する方は、嬉しい気持ちと不安な気持ちが半分でしょうか。

コロナ禍の中、頑張って内定を勝ち取ったこれからもきっと耐えられると思います。

自分を信じて進んでいってくださいね。

さて、2022年3月卒業の方向けの就職活動もそろそろ本格化してきましたね。 続きを読む →

留学生との面談は、この仕事の醍醐味です

こんにちは!ASIA Linkの小野です。

私たちASIA Linkの仕事の中でも、とくに重要なのが「留学生との面談」です。
これが、本当にすばらしく楽しくて充実した時間なのです。
留学生から聞く話は、まさに「知」の宝庫。
そして私自身のカルチャーや精神をゆさぶってくるものでもあります。

この時間があるから、仕事がどんなにハードでも、この仕事は辞められないのです。

ASIA Linkには、年間約1,500人の留学生から新規に登録がきます。
ここ数年は、全国の大学から留学生が登録してくれるようになり、面談は基本的にSkypeやZoomを使ってオンラインで行っています。
(写真は、創業3年目くらいの時のもの。当時はオフィスに来ていただいて面談することのほうが多かった)
ASIA Linkには、留学生専門のキャリアアドバイザーが、私を含めて3人おり、3人とも前職は日本語教師です。この3人で分担しながら、日々、留学生との面談を行っています。

面談は1対1で、一人30分から最大1時間で行います。
この短い時間で、初対面の留学生にできるだけリラックスしてもらい、たくさん話してもらうことができるかが、私たちの力の見せどころです。

私たちは職業紹介会社ですので、面談の目的は、 続きを読む →

留学生に活躍してもらうには? 人事・労務管理の留意点(ASIA Linkレポート)

ASIA Linkの小野です。

企業が外国人留学生の正社員採用を考えるとき、特に大きな壁となるのが、「果たして長く定着して活躍してくれるのだろうか?」という不安です。

もちろん日本人学生でも、3年以内離職率は3割強ですので、新卒の3人に1人は3年以内に離職している訳ですが(※厚生労働省:新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者)参照)、「外国人」=「ジョブホッピングをする」(短期間に転職を繰り返して技能や賃金の向上をめざす働き方)というマイナスイメージを持っている方は多いと思います。

確かに、日本人学生の離職理由と、外国人留学生のそれとを比較すると、外国人留学生のほうが離職につながる理由・要素が多く、結果的に外国人留学生のほうが「定着」を阻害するリスクが高いというのは現実としてあります(留学生の離職理由については、後日ASIA LinkレポートとしてUP予定です)。

しかし、私たちASIA Linkがこれまでに見聞きしてきたり、ご相談を受けたりしてきた、外国人社員の様々な離職事例を見ていくと、受入れ企業側の体制や考え方にあと少しの工夫があれば離職にはつながらなかっただろう、というケースがとても多いことがわかります。
また、日本人社員の定着が良い企業は外国人社員の定着も良く、その逆もまたしかりである、という事実も見えてきます。

今回のレポートでは、せっかく採用した優秀な留学生に、長く定着してもらい、実力を発揮して元気に活躍してもらうために、企業側が留意すべき点について、簡単にまとめました。
留学生の採用をこれから進めていきたい、という企業関係者の方々の参考になりましたら幸いです。
また、日本人社員が働きやすい会社は、外国人社員にとっても働きやすい、という観点からも、何かしらの気づきがあるのではないかと思います。

留学生に活躍してもらうには?人事・労務管理の留意点(ASIA Link2021.02)

なお、 続きを読む →

留学生からの就活に関する質問にお答えします!

こんにちは。ASIA Linkの井上です。

毎月第三土曜日に開催しているオンライン就活セミナー「就活ゼミ」のアンケートから、留学生の多くが疑問に思っている質問についてお答えします!

Q1:大手企業と中小企業で選考内容や採用基準が違いますか?
A1:ひとことで大手・中小と言っても様々な企業がありますので、全ての企業に当てはまる訳ではありませんが、選考内容は大手の場合、選考に応募する学生の人数が非常に多いことから書類選考(ES)や筆記試験の合格基準がとても高くなります。日本人も外国人も区別なく選考しますので、日本人学生と同じレベルの言語力や筆記試験の点数が必要です。中小企業も書類選考や筆記試験がありますが、海外営業職など留学生向けの求人の場合は、「参考までに点数を見る(あまり高い点数でなくても良い)」という傾向があります。

また、採用基準も大手と中小で違いがあります。大手の場合は多くの企業が「総合職採用(ジョブローテーションをして、様々な部署の仕事を経験する働き方)」をしていますので、様々な部署でどのような仕事でも実力を発揮してくれる学力・論理的思考力・言語力・忍耐力・コミュニケーション力などが総合的に高く、バランスの良い学生が採用されます。一方、中小企業では人材を採用する目的がはっきりしていることから、配属先での仕事により合っている人(例えば、中国にビジネスを広げたい企業の場合、中国語と日本語がビジネスレベルで、どんどん出張に行けるフットワークの軽い人など)が採用される傾向があります。様々な仕事に挑戦したい人は大手、海外営業をやりたいなど明確にやりたいことが決まっている人は中小の方が向いている可能性があります。

Q2:競争相手となる日本人学生と外国人留学生の強みの違いを知りたいです。
A2:日本人学生の外国人留学生に対する強みは 続きを読む →

留学生を雇用するには? 在留資格・入管手続きの概要(ASIA Linkレポート)

ASIA Linkの小野です。

外国人留学生を正社員として採用するとき、「留学」という在留資格から、就労可能な在留資格への変更手続きが必要になります。
初めて留学生の正社員採用を検討する企業の方々が、特に心配することの一つがこの「在留資格」の変更手続きです。

企業の社長さんや人事ご担当者からは、以下のような相談をいただくことがあります。

「在留資格の変更手続きは、とても面倒で大変だと聞くので、留学生採用を躊躇してしまう。」
「知り合いの会社は、留学生を採用しようとしたが在留資格変更が許可されなかった。中小企業だと許可されないことが多いのだろうか?」

実際には、在留資格変更の書類準備自体は、それほど面倒でも大変でもありません。少なくとも留学生採用を躊躇するほどの大変さはありません。
また、「中小企業だから在留資格変更が許可されない」というのも正しくありません。

ただ、在留資格の変更ができる「条件」を満たしていなかったり、提出書類に不備があったりすると、当然ながら在留資格変更は許可されません。
また、入管での審査期間を考えずに入社ぎりぎりに申請をしても、入社日までに許可が出ないことはもちろんあります。

今回のレポートは、留学生が正社員として日本で働く際の一般的な在留資格である「技術・人文知識・国際業務」について、取得条件や必要書類をまとめました。
留学生の採用をこれから進めていきたい、という企業関係者の方々の参考になりましたら幸いです。

留学生を雇用するには?在留資格・入管手続きの概要(ASIA Link2021.01)

なお、 続きを読む →

2020年12月開催:日本語能力試験 結果が発表されました

こんにちは。相馬です。

就職活動をしている留学生の中には、昨年12月6日に日本語能力試験を受けた方も多いと思います。

インターネットから日本語能力試験の申し込みをした方は、本日 1月25日(月)から、試験結果を確認することができます。

郵送で申し込みをした方は、2月8日(月)に合否結果の通知書が発送される予定です。

結果は、日本語能力試験のウェブサイトからご確認ください。

合格した!という方、忘れずに履歴書の更新をしましょう。企業へ履歴書を提出するときに、最新の情報が伝わるようにしましょうね。

また、ASIA Linkへすでに登録をしてくださっている留学生で、 続きを読む →

留学生を採用するには? 外国人留学生の募集・採用実務(ASIA Linkレポート)

ASIA Linkの小野です。

コロナ禍のままスタートした2021年ですが、今年もまもなく新卒採用のシーズンがやってきます。
今年は22卒採用の人数を絞る予定、または、まだ22卒採用の方針が決まっていないという企業が、例年よりも多いと感じます。

こういう時こそ、一度立ち止まって、これまでの採用コンセプトや採用方法について振り返り、検証し、再構築していくチャンスかもしれません。
また、そろそろ留学生を採用してみたいと考えていた企業にとっては、この時間を利用して、留学生の採用と入社後の活用の準備を、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

ASIA Linkがこれまで留学生採用のお手伝いを行ってきた事例をもとに、簡単な資料をまとめました。
「留学生を採用する前に、社内で準備しておくべきことは?」
「留学生をどうやって募集したらいい?どうすれば自社を知ってもらえる?」
「選考の際に留意すべきポイントは?」
「留学生の就活スケジュールは日本人学生と同じなのか?」

留学生の採用をこれから進めていきたい、という企業関係者の方々の参考になりましたら幸いです。

留学生を採用するには?外国人留学生の募集・採用実務(ASIA Link2021.01)

なお、 続きを読む →

2021年卒業・理系留学生Web内定者座談会を行いました

こんにちは。相馬です。

毎日寒い日が続きますが、体調はいかがですか?

年末に、2021年の就職活動を終えた理系留学生4名に集まっていただき、Web内定者座談会を行いました。

これから就職活動を始める留学生への応援メッセージ、役に立つメッセージをたくさんいただきました。

レポートにまとめましたので、ぜひご覧ください。

2020年12月23日(水)理系留学生Web内定者座談会レポート

当日は、 続きを読む →