新型コロナウイルス お役立ち情報③ 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

こんにちは。ブログ担当の相馬です。

現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、アルバイト収入がなくなってしまった、など、学生生活にも経済的な影響がでてきている留学生が増えています。

そこで、文部科学省で、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』が創設されました。

これは、新型コロナウイルスの影響で,収入が大きく減ることにより,学生が大学等での勉強をあきらめることがないよう,現金を支給するものです。

申請は各学校を通して行います。申請の開始時期や締め切りは、各学校にお問い合わせください。

申請の流れは以下の通りです。

あなた→学校→ 学校が審査、推薦→JASSOがあなたへ支給

1. 対象機関

国内の大学、大学院、短期大学、高等専門学校(第 4学年、第5学年及び専攻科に限る)、専門学校、日本語教育機関

対象の日本語教育機関は、こちらのリストをごらんください。

http://www.moj.go.jp/content/001319800.pdf

2. 対象

対象機関に通う学生

3.支給金額 

住民税非課税世帯の学生等 20万円

上記以外の学生等 10万円

4. 支給方法

申請者であるあなたの名前の口座に振り込みます。口座がない人は、給付金の申込みまでに、利用できる口座を開設しておいてください。

【取扱い金融機関】

日本国内の銀行(ゆうちょ銀行を含む)、信託銀行(一部対象外)、信用金庫、労働金庫,農業協同組合

 

5. 支給対象者(留学生向け)の基準 (!大切です!よく読んでください)

以下の1~6を満たす者

1 家族から、仕送り額年間150万円以上(授業料を含む)の仕送りを受けていない

2 原則として、一人暮らしで家賃を払っている人

3 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い

4 家族からの追加的支援がない

5 コロナウイルスの影響でアルバイト収入が2020年1月以降、前月よりも50%以上減っている

6上記に加え、留学生の方

1)学業成績が優秀な者であること。前年度の成績評価係数が 2.30 以上であること 

2)1か月の出席率が8割以上であること

3)仕送りが平均月額 90,000 円以下であること(入学料・授業料等は含まない。)

 4)家族と住んでいる場合、扶養者の年収が 500 万円未満であること

★ 日本人の学生に対しては、成績優秀者であることは条件ではないようです。ASIA Linkは、留学生も日本人と同等の条件で支給されるべきだと考えています。

一緒に困難を乗り越えていきましょう。

出典、参考:

文部科学省のホームーページhttps://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00691.html

自分で東京入管にビザの更新・変更申請した外国人のための「在留カード受領取次サービス」

外国人留学生のみなさん、そして日本で働いている外国人のみなさん、こんにちは!ASIA Linkの小野です。
新型コロナウィルスの影響で、東京入管へビザの受け取りになかなか行けない、または行くのが心配。。という方のために、良いニュースです!

ASIA Linkで、いつもビザの相談にのってもらっている、心強いパートナー「さやか行政書士事務所」さんが、みなさんのかわりに、東京入管へ行ってくれるサービスを開始しました。
以下、「さやか行政書士事務所」さんからの、くわしいご案内です。
とても親身になって、しっかり留学生をサポートをしてくれる行政書士さんです。料金も安く設定してくださっています。
興味のある方は、直接連絡をしてみてくださいね。

————————

■さやか行政書士事務所
【自分で東京入管にビザの更新・変更申請した外国人のための在留カード受領取次サービス】

「自分で東京入管にビザの更新または変更申請をしたけれども、在留カードの受取りのためだけにわざわざ混んでいる東京入管に行くのは避けたい!」という外国人の方のために、私が代わりに入管から在留カードを受取るサービスです。
先日ブログ記事を見てご依頼があり、とても助かったとのお声をいただいたので、ニーズがあるのかもと思いこのサービスを始めることにしました。
現在東京入管は入場制限と入館前の検温を実施していて、いつも以上に長い時間待たされます。
新型コロナウイルスの感染リスクを避けたい方や、時間を有効活用したい方に代わって私が責任をもって在留カードを受取り、お客さまのもとへお届けします。

【手続の流れ】
①受領取次が可能な条件をクリアしているか、メールのやりとりでチェックさせていただきます。

②条件をクリアしている場合、弊所から「依頼書」などのキットをお客さまへ郵送します。

③お客さまには「依頼書」にサインの上、必要書類とともに弊所へ返送していただきます。

④弊所に必要書類が届き次第、郵送等の方法により入管から新しい在留カードを受取ります。

⑤新しい在留カードを受取り後、お客さまへご連絡いたします。

⑥銀行振込により料金をお支払いただきます。

⑦入金確認後、新しい在留カード等をお客さまへ郵送し完了です。

【料金】
▶4,000円の収入印紙(入管へ支払う手数料)をすでに用意している方
⇒郵送料込みで5,500円(消費税込)
▶4,000円の収入印紙をまだ用意していない方
⇒郵送料込みで9,500円(消費税込)

【お問い合わせ】
E-mail: info@sayaka-office.com
WhatsApp: +81-90-9372-7403

留学ビザに関して

こんにちは。ASIA Linkの相馬です。

世の中、新型コロナウイルスで騒がれている中、就職活動がうまく進まなかったり、アルバイトが休みになってしまったりと、毎日不安な日々を過ごしている人も多いかと思います。

また、ASIA Linkにも、留学生から留学ビザの有効期限が近く、どうしたらいいか、といった相談がありました。

【留学ビザの有効期限が2020年6月30日までの方へ】

その中で

①日本に住んでいる方へ

留学ビザの有効期限が、3ヶ月延長されました。そのため、留学ビザの更新をする場合も、3ヶ月延長できます。

例:留学ビザの有効期限が6月30日まで。→ 9月30日までにビザの更新手続きをすれば良いです。

急いで手続きをしなくても大丈夫です。

②国へ一時帰国をして、日本に戻ってこられていない方へ

留学ビザの有効期限が、3ヶ月延長されました。そのため、留学ビザの更新をする場合も、3ヶ月延長できます。

現状、日本側は、5月31日には入国拒否を解除する予定です。

5月31日以降帰国して、日本で留学ビザの更新手続きをしてくださいね。

もし一時帰国中に、留学ビザの有効期限が切れてしまったら、もう一度留学ビザの申請をしなければなりません。所属する学校に問い合わせて、申請をお願いしてくださいね。

在留カードのことでわからないことがありましたら、入管の下記の電話番号までお問い合わせください。

外国人在留総合インフォメーションセンター(月~金)

平日 午前8:30~午後5:15

TEL 0570-013−904
TEL 03-5796-7112 (IP、PHS、外国から)

※外国語(英語,韓国語,中国語,スペイン語等)対応あり

地方出入国在留管理局:

札幌 : TEL: 011-261-7502

仙台 : TEL: 022-256-6076

東京 : TEL: 0570-034259/ 03-5796-7234 (IP, PHS, 外国から)

横浜 : TEL: 045-769-1720

名古屋: TEL:052-559-2150

大阪 : TEL:06-4703-2100

神戸     : TEL: 078-391-6377

広島 : TEL:082-221-4411

高松 :     TEL:087-822-5852

福岡 : TEL:092-717-5420

那覇 : TEL:098-832-4185

 

出典:http://www.moj.go.jp/content/001316954.pdf

 

また、外出自粛が続いていて、友達と会う機会も減るなどでストレスがたまりますよね。こんな時こそ、オンライン上で飲み会をしてみてください。私も先日しましたが、思ったよりも楽しくて気持ちも軽くなりました。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

一緒に乗り越えましょう!

 

就職活動に関する外国人留学生アンケート調査 ~不安・心配なことの第1位は「日本語力」~

就職活動に関する外国人留学生アンケート調査
~不安・心配なことの第1位は「日本語力」~

2019年12月
株式会社ASIA Link
シロコフ マラト
小野 朋江

1.はじめに(調査の背景・目的)

日本の教育機関を卒業後に日本で就職する外国人留学生は、年間2万人を超えます。彼らは「日本」という異国での慣れない就職活動を経て、企業で内定を得たあと、さらに就労ビザの手続きを経て企業へ入社していきます。
日本での就職を希望する留学生が年々増える中、彼らが在籍する教育機関(大学・専門学校・日本語学校など)のキャリアセンター職員や就職指導教員、日本語教師も、留学生の就職支援に取り組んでいます。私たちASIA Linkも、しばしばそのような教育機関の教職員の方々と協力し、学校での留学生向け就職ガイダンスを行ったり、留学生対象の就職相談・面談会を担当したりしています。
このような支援を続ける中で、留学生が抱えている不安や心配をできるだけ多く聞き取り、それらを解決していけるような支援を考え実行していくために、2018年11月から、留学生対象のアンケート調査を開始しました。 続きを読む →

第3回「教職員のための外国人留学生就職支援研修会」レポート


1.はじめに

外国人留学生の日本での就職を支援するために、「教員」「キャリアセンター等の学校職員」「就職支援企業」の3者の情報や知見をもっと共有したい。
このような目的で、2017年11月に第1回を開催した教職員研修会も、今回で3回目を迎えました。
今回は、以前から要望の多かった「留学生を雇用している企業側の話を聞きたい」という声に応え、実際に外国人社員(元留学生)を雇用している4社の企業の方々にもご参加いただきました。
上記の3者に、企業関係者を加えた4者での情報・知見の共有を行うことができ、それぞれが、それぞれの立場で感じたこと、気づいたことがあったのではないかと思います。

以下、当日の内容をレポートとしてまとめました(長いですがお付き合いください!)。
留学生の就職支援の一助となりましたら幸いです。

【実施概要】
日時:2019年6月29日(土)13:30~17:30
会場:国士舘大学 世田谷キャンパス
主催:株式会社ASIA Link
協力:国士舘大学 政経学部経済学科 教授 横須賀柳子 続きを読む →

大学と日本語学校で留学生のための就職セミナーを行いました!

こんにちは!ASIA Linkの小野です。

12月に入り、メンバー一同、企業訪問や留学生面談に追われる日々。
気付けば、街はすっかりクリスマスで、今年も残すところ3週間ですね。

先週は、3つの大学・日本語学校で、外国人留学生のための就職セミナーを行わせていただきました。

◆12月5日(火)武蔵野美術大学
三代先生の「日本事情」の授業で、毎年この時期に行わせていただいています。
1年生~3年生まで、15人ほどの留学生が受講しました。
武蔵野美術大学の留学生は、どのような企業・職種で活躍の可能性があるのか、企業は留学生に何を求め、何を期待しているのか。
これを、実際に留学生を採用している企業の事例を交えながら説明しました。
そのあと、「企業視点」を持って面接に臨むコツについて、お伝えしました。
後半は、先輩留学生へのインタビューということで、韓国人留学生で武蔵野美術大学4年生の朴さんが登場。
朴さんは、ASIA Linkの就活ゼミや社長LIVEに参加し、最終的にグローバルな自動車部品メーカーのプロダクトデザイナーとして内定が決まった留学生です。
小野からのインタビュー形式で、就職活動の経験談や、後輩たちへのアドバイスを語っていただきました。
三代先生によると、昨年この授業に参加した留学生は、ほとんどが内定を 続きを読む →

第1回「教職員のための外国人留学生就職支援研修会」レポート

1.開催のいきさつ

外国人留学生が日本で就職しようとするとき、彼らを様々な角度から応援できるのが、「教員」「キャリアセンター等の学校職員」「就職支援機関(ハローワーク等の公的機関や、民間の職業紹介企業)」です。

かねてより、この3者がもっと互いの情報や経験・知見を共有すれば、留学生により役立つ指導・支援ができるのではないか、と考えていました。
実際に、私たちが仕事をする中で、キャリアセンターの職員や日本語教師の方々、日本語学校の校長先生たちと接する機会が多いのですが、
「同じ大学なのに、職員と教員の距離が遠いのが悩み」
「他の学校はどういう取り組みをしているのか知りたい」
「企業側の採用意図がわからないので、留学生の面接指導が手探り」
と言った悩みを聞いていました。

また、私たちのオフィスに就職相談に来る留学生の方々からは、 続きを読む →

元留学生が遊びにきてくれました!

こんにちは!ASIA Linkの小野です。

今日は、元留学生の金さんが、ASIA Linkオフィスに遊びに来てくれました!

金さんは中国出身で、日本の国立大学を卒業し、ASIA Linkからの紹介で環境調査・分析の専門企業に就職した方です。
もう4年にわたるお付き合いです。

とにかく、いろいろな人の懐に飛び込んで、信頼関係を構築していく天性のようなものをお持ちです。たくさんの友人・知人に 続きを読む →

アジアリンク就活ゼミ:面接官の気持ちになろう!

こんにちは、ASIA Linkの三重野(Mieno)です!

7月8日(土)にアジアリンク就活ゼミ「面接対策ゼミ~面接官になってみよう!面接官の気持ちを知り、内定GET!~」を行いました。

当日の様子や参加してくれた留学生のみなさんからの感想などをまとめたレポートを書いたのでこちらからぜひ読んでみてくださいね!

中国人留学生6名、韓国人留学生1名、ミャンマー人留学生2名の9名が参加してくれましたよ。
続きを読む →